格安スマホはプランが簡素で契約期間に制約が少ない

subpage01

大手キャリアで提供している料金プランは非常に複雑なことがほとんどになります。



通話プランが何種類かあったりデータ通信をするためにはオプションを追加する必要があったり端末とセットで契約すると割引が適用されたりと全てを理解するのが困難なものが少なくありません。ショップの窓口で直接説明してもらっても理解ができないこともあるぐらいです。
複雑な料金プランによってユーザーとしては大手キャリアが提示する利用料金が適正な金額であるかどうかが分からなくなってしまうというのが実情となります。

これと比較すると格安スマホを提供しているMVNOが提示する料金プランはシンプルで分かりやすい料金プランが多いというのが特徴です。ユーザーとしては格安スマホの料金プランが分かりやすく迷わなくても済むというのは大きなメリットの1つとなります。



そして大手キャリアではほとんどが契約期間が2年の料金プランであることが前提です。
2年契約を締結すれば基本料金を半額にできる場合がほとんどとなります。


ただし2年契約を締結すると2年おきに1回だけ迎える契約期間の更新する月以外のタイミングで解約を申し出たときにはおよそ1万円ぐらいの解約手数料が請求されることになる訳です。

格安スマホのメリットの1つとして挙げられるのがMVNOでは契約期間が2年ある料金プランは原則として提供していないことになります。



つまり格安スマホを使い始めてからまた他社のスマートフォンに乗り換えたいと考えたときに解約手数料が請求されないケースが多いです。